RED CARD JAPAN DENIM|レッドカード ジャパンデニム

  • G+
  • facebook
  • INSTAGRAM
FEED

FEED

Jul 21, 2017
RED CARD PRESS DIRECTOR TAISUKE TAKEDA
WRITTEN by
RED CARD PRESS DIRECTOR

TAISUKE TAKEDA
ʐ^
Jul 21, 2017

PRODUCER:Yuji Honzawa

先日取材を受けたプロデューサーの本澤裕治氏。

 

本澤氏は大手デニムメーカーのEDWINに10年在籍し、基盤商品の

 

503の立上げに参加。

 

その後、LEVI’S JAPANに移り6年間の経験を積み501®を担当した。

 

デニムの代表的ブランドを渡り歩いた後に独立し、

 

2009年にRED CARD を立上げた。

 

もともと本澤氏は、メンズデニムの企画出身だった為、あえてメンズ顏にした、

 

レディースデニムの提案でブランドをスタート。

 

150年前に生まれたデニムジーンズに敬意を払いながら、

 

最新の技術を駆使し、長年はき込んだ様なリアルなヴィンテージデニムを

 

表現することがコンセプトとなっている。

 

 

また、本澤氏自身がデニム作りの中で、特にリスペクトしているのは加工職人達。

 

全ての品番に実は加工職人の名前が入っているのはその為なのです。

 

 

例えば、“Akira-warn Mid”・これはアキラさんという熟練の加工職人さんが作った

 

カラーという様に、加工されたカラーには必ず職人の名前が記されているのも

 

レッドカードならではです。

 

本澤氏のモノ作りの後景にはこういったたくさんのプロ達のバックアップがあるからこそ

 

レッドカードは数々の名品が誕生するのです。

 

 

 

 

CONTACT

お問い合わせ

COMPANY

GUEST LIST