30 stories of
New Authentic Denim vol.3

GUEST

Lee Izumida
paku☆chan

scroll

About

30 stories of
New Authentic
Denim

RED CARD TOKYOを代表する名品デニム「Anniversary」が、さらに進化してリニューアル。時代も世代を超えて、長く愛用できるデニムへとアップデートしました。プロデューサーの本澤裕治氏がデニム業界に携わって「30」年というアニバーサリーイヤーにちなんで、「30」人のおしゃれ賢者のデニムストーリーをお届けします。

GUEST

Lee Izumida

Lee Izumida

幼少期からずっと変わらず絵を描きつづけているという、Lee Izumidaさん。 アメリカ留学時に絵を学び、2015年より東京に拠点を移し、2019年より本格的に「絵描き」としての活動をスタート。アクリル画の作品を中心に、看板や宣伝美術、ウィンドウに用いられる絵や文字を描かれています。

STYLING COMMENTS

とにかくはきやすい、と思いました。ストレッチが効いていて、これなら疲れている日でも、いつでもは きたくなりそう。デニムは普段からいろいろはきます。ヴィンテージ系も、コットンの固いタイプも、 ジャンルも形も問わず、こだわりなく(笑)。 今日は気分的にライトカラーだなと思って。お天気もいいし(笑)。もしこれが、雨が降ってたら違ったか もしれません(笑)。

仕事じゃない日はヒールをはくんですが、仕事の時はくるぶしまである作業靴をはきます。いずれにしても形がきれいなデニムだから、シンプルなスタイリングにしたいなと思いました。 デニムのときはシンプルな方が、結局しっくりくるなと思います。

RED CARD RED CARD TOKYO 30th Anniversary

Lee Izumida

絵描き
@izumidalee

SPECIAL INTERVIEW

登場するゲストの「30」に纏わるストーリーや、パーソナルに迫ったHidden storiesなど… WEBマガジン「INTHEKNOW」のためだけにお答えいただいたスペシャルインタビューも公開中! 下のバナーをクリックしてお楽しみください。

INTHEKNOW - GUESTLIST WEB MAGAZINE -

GUEST

paku☆chan

paku☆chan

5年間ヘアメイクアシスタントを務めて独立。女性誌、美容雑誌の他、女優、アーティスト、タレントのヘアメイクを手掛けるなど、活動の場は多岐にわたる。繊細なメイクテクニックとトレンドをミックスさせる感性で、一人一人の美人度を更新する理論派のヘアメイク。今、最も注目のヘアメイクアーティスト。Three PEACE所属。

STYLING COMMENTS

私がスタイリングを考えるとき、まずその日着たい色、メインとなる色を決めるようにしています。もしかするとヘアメイクの仕事と考え方が似ているかもしれません。ひとつめのコーデは、全体的に黒でシックにしようと思いました。デニムのブルーが主役に見えたらいいなと思って。あとはピリッと辛い感じが好きなので、素材はパンチのあるものに。ベストのファーやレザーなどの異素材をミックスした黒の中で、デニムが際立ったらいいなと思いました。

STYLING COMMENTS

デニムは昔から好きで、いろんなジャンルをはきます。今はこんな感じでポップで遊び心のあるスタイリングが好きですが、それこそ昔はギャルもコンサバもやって、オールジャンル通ったかも。くるぶしが見えるこの丈感ってはいてなかったんですが、実際にはいてみたらすごくスタイルが良く見える!あ、いいな、と素直に思いました。もしかするとコンサバになるかも?と思っていましたが、全然そんなこともなくてコーディネートしやすいですね。あとはやっぱりはき心地!とにかく快適なので、仕事の時にも良さそうです。

RED CARD RED CARD TOKYO 30th Anniversary

paku☆chan

ヘアメイク
@paku_chan

SPECIAL INTERVIEW

登場するゲストの「30」に纏わるストーリーや、パーソナルに迫ったHidden storiesなど… WEBマガジン「INTHEKNOW」のためだけにお答えいただいたスペシャルインタビューも公開中! 下のバナーをクリックし てお楽しみください。

INTHEKNOW - GUESTLIST WEB MAGAZINE -

ARCHIVE

SHOP LIST